←トップ頁へ

検索名 ニホンタチバナ
和名 タチバナ
漢字表記
別名・異名 ニホンタチバナ/ヤマトタチバナ
古名 タチバナ(多知花・多知波奈・太知波奈)
語源 和名の語源については諸説有り。/属名は、レモンの木に対するギリシャ古名のkitronに由来している。/種小名は和名から。
学名 Citrus tachibana
英名
仏名
独名 ↑撮影者:京都府 藤井俊夫様
伊名
西名 奈良市興福寺にて→
葡名
漢名 橘柑
植物分類 ミカン科ミカン属
園芸分類 常緑低木
用途 庭木/鉢植え/食用(果実)
原産地 日本(近畿地方以西)
花言葉 撮影GKZ/京都御所:右近の橘↓
解説 タチバナは、我が国では数少ないミカン科の自生種である。樹高は3~4m程度に。枝には小さな刺がある。葉は楕円状披針形で、葉柄には翼がない。花は白色5弁の小花である。実も小さく主さ6㌘程度の扁円形で、果皮は薄く、果肉は淡黄色。酸味が強いので生食は出来ない。
履歴
県花・国花 宮崎県:高原町木/大分県:津久見市花/福岡県:山川町花/高知県:南国市花/徳島県:牟岐町(ニッポンタチバナ)/広島県:瀬戸田町花/奈良県:明日香村花/大阪府:羽曳野市木/三重県:鳥羽市木(ヤマトタチバナ)
古典1 『古事記』、『日本書紀』、『常陸風土記』、『万葉集』、『古今集』、『伊勢物語』、『枕草子』、『源氏物語』、『和泉式部日記』、『和漢朗詠集』、『梁塵秘抄』、『今昔物語』、『新古今集』、『平家物語』、『徒然草』、『太平記』、『謡曲』、『御伽草子』、『近松浄瑠璃集』、『芭蕉句集』、『蕪村句集』
古典 『延喜式』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語 新年/秋(実)
備考