←トップ頁へ

和名 ニガキ
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影:GKZ/栃木県三毳山↓

撮影者:千葉県三浦久美子様↓

撮影地:小石川植物園↑
漢字表記 苦木
別名・異名 クジュ(苦樹)
古名 撮影地:小石川植物園→
語源 和名は、枝葉に苦味成分を持つことから。
属名はギリシャ語のpicrasmon(=苦味)に由来している。
種小名は、cassia(ナンバンサイカチ属)に似た」の意。
学名 Picrasma quassioides
英名 Quassia,
Quassia Wood
Shurni,
Indian Quassia-wood
Quassiawood;
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 苦木
植物分類 ニガキ科ニガキ属
園芸分類 落葉高木
用途 用材(器具・細工物)/薬用(樹液)/染料(材)/殺虫剤(煎汁)
原産地 日本/朝鮮半島/中国/ヒマラヤ
花言葉
解説 ニガキは、ニガキ科の落葉樹である。樹高は10m以上にも。雌雄異株。葉は互生し、奇数羽状複葉で、長さ20~30㎝。4~5月頃新梢に集散花序を出し、黄緑色の小花を見せる。 
履歴
県花・国花 撮影地:千葉県佐倉市・
古典1 川村美術館
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』 
季語
備考