←トップ頁へ

和名 ネズ
撮影:GKZ/日光植物園↑
撮影地:ひたち海浜公園↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:都内・烏山緑道↑
  撮影地:千葉県船橋市↑          
漢字表記 杜松
別名・異名 ネズミサシ(鼠刺)
トショウ(杜松)
古名 ムロ・ムロノキ
語源 和名は、ネズミサシからの転訛で、針葉があまりに鋭いので、鼠をも刺すとの意から。昔は、鼠の通り穴にこの木の枝をおいたと言うことである。
属名は、この属の樹木のラテン古名から。
種小名は「硬直の」の意。
学名 Juniperus rigida Sieb. Et Zucc.
英名 Needle juniper
仏名 genevrier
独名 Wacholder
伊名  ginepro
西名 enebro
葡名
漢名 杜松
植物分類 ヒノキ科ネズミサシ属
園芸分類 常緑高木
用途 薬用(球果)/用材(建築・器具・彫刻)/盆栽/生け垣/採油(果実)/洋種ジンの香りつけ
原産地 日本(関東地方以西)
花言葉 応援/援助/保護
解説 ネズは、ヒノキ科の常緑高木である。樹高は3~10m程度に。樹皮は褐色、繊維質で長く縦に裂ける。葉は茎に3輪生し、針状で鋭く尖る。長さ1.4㎝程度、幅は1㎜程度。
履歴
県花・国花
古典1 『蜻蛉日記』
古典2 『本草和名』、『下学集』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語
備考