←トップ頁へ

和名jp ネムノキ
群馬県館林市にて



撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:千葉県市原市↑ 
漢字表記 合歓木/夜合木
別名・異名
another name
ネブノキ
コウカ
古名old name ネブリ(禰夫利)
語源
etymology
和名は、葉が夜になると閉じてしまうことから。
属名は、この属の植物をヨーロッパに紹介したイタリアのF・Del Albizziの名に因んでいる。
種小名はこの植物の東インド名。
学名sn Albizia julibrissin Durazz.
英名en Silk Tree
Cape Wattle
Siris,
Persian silk tree
仏名fr Albizia,Arbore s soie,
Mimosa de Constantinople
独名de Seidenbaum
伊名it Acacia di Constantinopoli
西名es Acacia de Constantinopla
Albizia,
Arbol dela seda
Parasol de la China
葡名pt Albizia-de-constantinopla
漢名ch 合歓
夜合樹
植物分類 マメ科ネムノキ属
園芸分類 落葉高木
用途 庭木/鉢植え/薬用/染料
原産地
distribution
日本(北海道を除く)/朝鮮半島/中国
花言葉 歓喜
解説
description
樹高は10㍍程度まで。葉は互生し、大型の2回羽状複葉、長さが20~30㎝、羽片は7~12対、小葉は15~30対あり、対生し、裏面は白い。小葉は夜間は閉じる。6月から7月に小枝の先端に淡紅色の約30個前後の花で構成される花序を見せる。花は夕方に開花する。雄蘂が多数で、花糸が長く、紅色の房状となり、美しい。果実は豆果で、扁平である。9月~10月に熟す。
履歴
県花・国花 香川県:塩江町花/埼玉県:皆野町花/秋田県:にかほ市花
古典1 『万葉集』、『太平記』、『芭蕉句集』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語 夏(花)/秋(実)
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
9 108 「崖」
11 188 「ミコロコスモス」
16 47 「餌台」