←トップ頁へ

和名 ナツメグゼラニウム
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、英名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のpelarugos(=コウノトリ)を語源とし、果実の形状がくちばしに似ていることから。/品種名は「芳香のある」の意。
学名 Pelargonium × Fragrans
英名 Nutmeg geranium
仏名 Géranium à feuilles aromatiques
独名 Muskatnussgeranie
伊名
西名
葡名
漢名 薰衣草天竺葵
植物分類 フウロソウ科テンジクアオイ属
園芸分類 非耐寒性常緑低木
用途 精油/ハーブ
原産地 南アフリカ 撮影者:東京都 中村利治様
花言葉 思いがけない遭遇 撮影地:東京都薬用植物園
解説 ナツメグゼラニウムは、フウロソウ科の常緑樹である。樹高は40~100㎝程度に。本種は、エクスティプラツム種(Pelargoniumu extipulatum)とオドラティッシム種(Pelargonium odoratissimum)との種間交雑種である。スパイス系の香りのするビロード状の葉を持つ。葉は掌状で、縁が不規則に切れ込むととともに波を打ち、茎に互生する。5~8月頃、葉腋に長い花柄を持った淡紅色を帯びた白色の小花をつける。上2枚の花弁基部には濃紅色の模様がはっきりと入る。花茎は赤味を持っている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考