←トップ頁へ

和名 ナシ
撮影:GKZ/群馬県明和町


撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:星薬科大学↑
     撮影地:埼玉県秩父市↑
漢字表記
別名・異名 アリノミ
古名 ナシ(奈子・奈之・奈志)
語源 和名の語源については諸説があり特定できず。
属名は、ナシの木の古ラテン名に因んでいる。
種小名は「晩生の」の意。
学名 Pyrus serotina(
英名 Japanese pear
仏名 poire
独名 Birne
伊名 pera
西名 peral
葡名 pêra
漢名
植物分類 バラ科ナシ属
園芸分類 落葉高木
用途 食用(果実)/用材(床柱・敷居・数珠・器・櫛・版木・薪炭)/薬用(葉)/染料(樹皮)
原産地 日本(中部以西)
花言葉 慰め/安楽
解説 ナシは、バラ科の落葉高木である。樹高は3m程度に。葉は広卵形で、縁に細かい鋸歯がある。4月頃、白色の5弁花を見せる。果実は径10㎝前後の球形で、果皮は黄褐色、外皮に細かい斑点が見られる。果肉は果汁を充分に含み、甘味もある。我が国で、今日栽培されている様々な品種は、ニホンアマナシから改良されたものである。
履歴 中国ナシは明治の初めに導入されている。/西洋ナシは、明治初年に導入されている。
県花・国花
古典1 『日本書紀』、『万葉集』、『古今集』、『枕草子』、『源氏物語』、『今昔物語』、『新古今集』、『太平記』、『謡曲』、『近松浄瑠璃集』、『芭蕉句集』、『蕪村句集』
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語 春(花)/秋(実)
備考 ニホンアマナシの学名である。