←トップ頁へ

和名jp ナンテン
↑花

実↑

紅葉↑
漢字表記 南天
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、漢名の「南天竹」から。
属名は和名のナンテンから。
種小名は「国内の、その土地産の、家庭的な」などの意がある。
学名sn Nandina domestica
英名en nandin
sacred Bamboo
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 南天竹
植物分類 メギ科ナンテン属
園芸分類 常緑低木
用途use 路地植え/鉢植え/生花材料/薬用(果実)/用材(器)/杖
原産地
distribution
日本(本州南部・四国・九州)/中国・インド
花言葉 私の愛は増すばかり、良い家庭
解説
description
ナンテンは、メギ科の常緑低木である。樹高は1~2m程度。株元から多数の幹を直立させ叢生する。葉は2から3回羽状複葉で、長い葉柄を持ち互生する。小葉柄の分岐ごとに節がある。葉の質は堅く、表面には光沢がある。晩秋には紅葉見せる。6月頃円錐花序を出し、白色の小花を見せる。果実は液果で、晩秋に赤く熟す。Topicsの植物回想録の中に「ナンテンについて」の記述があります。参照下さい。
履歴 江戸時代の中頃にヨーロッパに紹介されている。属名の「ナンディーナ」も和名から命名されている。
県花・国花 和歌山県:桃山町木
岐阜県:坂祝町木
神奈川県:松田町木
古典1 『近松浄瑠璃集』、
古典2 『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
俗信 ・腹痛の時、南天の葉をなめると治る
季語 夏(花)/秋(実)
備考 ※果実は薬用に用いられるが、アルカロイドを含み毒性がある。葉にも毒性がある。