←トップ頁へ

和名jp ムラサキマユミ
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:神代植物公園 盆栽展
漢字表記 紫真弓
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、暗紫色の花を見せるマユミの意から。因みに、マユミの花は緑白色である。
属名は、ギリシャ語のeu(=良い)とonoma(=名前)の合成語で「良い評判の」の意。
種小名は「披針形の」の意。
学名sn Euonymus lanceolatus
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ニシキギ科ニシキギ属
園芸分類 常緑低木
用途use 鉢植え(盆栽)
原産地
distribution
日本(本州:中部以西・四国・九州)
花言葉
解説description ムラサキマユミはニシキギ科の常緑樹である。本州では日本海側の低山の林地に自生の見られる潅木である。茎下部は地を這い、樹高は70㎝程度までとなる。葉は長さ7~12㎝程度の披針形~長円形で、幾分厚味がある。葉の縁には不揃いな細鋸歯があり、先端は鋭頭、基部では短い葉柄に連なり枝に対生する。7月頃、枝先の葉腋から径8㎜程度で暗紫色の花を付ける。花後の蒴果は径8㎜程度の球形で紅熟し、5裂すると赤い仮種皮に包まれた種子が現れる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考