←トップ頁へ

和名jp ムラサキイヌグス
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:神戸市立森林植物園
漢字表記 紫犬楠
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、出芽が紫色帯びていて、クスノキに似ているが非なる樹種のため。
属名はギリシャ神話の女神Phobe(UranusとGaiaの間の娘)の名に因んでいる。
種小名は植物蒐集家のGeorge Shearerへの献名。
学名sn Phoebe sheareri
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 紫楠
植物分類 クスノキ科フォエベ属
園芸分類 常緑高木
用途use 薬用
原産地
distribution
中国(福建省・広東省・広西チワン族自治区・貴州省・湖北省・湖南省・江蘇省・江西省・四川省・雲南省・浙江省)~ヴェトナム
花言葉
解説
description
ムラサキイヌグスはクスノキ科の常緑樹である。本種は、原産地の項に記した地の標高1000m以下に構成された混交広葉樹林帯に自生する樹種である。樹皮は灰白色となる。樹高は5~15m程度となる。葉の展開時は、葉・若枝ともに赤紫色となる。葉は、長さ8~27㎝、幅2.5~9㎝程度の楕円形で、縁部は全縁、先端部は尾状に尖り、基部では長さ1~2.5㎝程度の葉柄に連なり枝に互生する。4~5月頃、枝先の葉腋から7~15㎝程度の円錐花序を出し、径4~5㎜程度で無花弁の花をつける。雌雄異花で、萼片の裏面には白色の細毛が密生する。花後には径1㎝程度で卵形の果実をつける。
履歴
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考