←トップ頁へ

検索名  ムンティンギア・カラブラ  
和名 ナンヨウザクラ
撮影者:千葉県 三浦久美子様↑
下3図撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:北海道大学植物園

漢字表記 南洋桜
別名・異名 ムンティンギア・カラブラ
タコップ・ファラン(タイ語名)
古名 撮影地:夢の島熱帯植物館→
語源 和名は、熱帯アメリカ産の樹木でサクラにた花をつけることから。/属名は、17世紀オランダ人植物学者Abraham Muntingへの献名。/種小名はブラジルでの本種に対する現地名から。
学名 Muntingia calabura
英名 Jamaican cherry,
Panama cherry,
Strawberry tree,
Jamtree,
Cotton candy tree
仏名
独名
伊名
西名 Argentin;Cedrillo majagua
El salvador;Capulin de comer,
Guatemala & Costa Rica;      Capulinblanco
Panama;Pasito,Majagūillo,
Colombia:Chitató,Majagūito,      ,Chirriador,Acuruco
Cuba;Capulina chapuli
Venezuela;Majagua,Majaguillo,      Mahaujo,Guácimo hembra,     Cedrillo,Niguo,Niguito Ecuador;Nigūito
Peru;Bolina,Iumanasa,Yumanaza,
    Guinda yunanasa,
    Mallachahuayo
Mexico;Capolin,palman,
    Bersilana,janote,Puan
葡名 CalaburaPau de seda
漢名 西印度桜桃
泰名  ตะขบฝรั่ง 
植物分類 ナンヨウザクラ科(←シナノキ科←ホルトノキ科)ナンヨウザクラ属
園芸分類 常緑高木
用途 食用(果実)/庭園樹
原産地 熱帯アメリカ
花言葉
解説 ナンヨウザクラはナンヨウザクラ科(←シナノキ科←ホルトノキ科)の常緑樹である。樹高は7~12m程度で生長は非常に早い樹木である。葉は長さ5~12.5㎝程度の楕円形で、縁部には鋸歯があり、先端部は鋭頭となり、枝に互生する。葉裏には星状毛が散生する。本種は周年開花で、枝先の葉腋から1~2個の白色5弁花を付ける。花後の果実は径1㎝程度の球状で黄色~赤色に熟す。果汁は多く、甘味があるが、中に多数の種子を含んでいる。 
履歴 本種は、熱帯アメリカ原産の樹木であるが、現在、東南アジア諸国でも栽培されている。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考