←トップ頁へ

和名jp ムニンネズミモチ
 ↑撮影者:東京都 中村利治様↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:筑波実験植物園

漢字表記 無人鼠黐
別名・異名
another name
シダキ(小笠原諸島名)
古名old name 撮影地:小石川植物園→
語源
etymology
和名は、小笠原島産のネズミモチの意。因みに、ネズミモチとは、葉がモチノキに似ていて、果実が鼠の糞に似ていることからの命名。
属名は、ラテン語のligare(=縛る)に由来し、この木の枝で物を縛ったことから。
種小名は「小さな花の」の意。
学名sn Ligustrum micranthum
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 モクセイ科イボタノキ属
園芸分類 常緑低木
用途use 庭木、生け垣、薪材
原産地
distribution
小笠原諸島
花言葉
解説
description
ムニンネズミモチは、モクセイ科の常緑樹である。樹高は1~3m程度に。全株無毛。樹皮は灰白色で、細かな突起があり、ざらつき感がある。葉は、卵形~長楕円形で、全縁、先端部はほぼ鈍頭、枝に対生する。葉には短い葉柄が伴い、基部はくさび形となる。葉の表面には光沢がある。3~4月頃、枝先に円錐花序を出し、白色の小花を多数付ける。花後の果実は球状の核果で、翌年の1~2月頃に黒紫色に熟す。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考