←トップ頁へ

和名 モチツツジ
上3図撮影者:埼玉県 K.Oinuma様

撮影地:六義園

下図撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:東京都薬用植物園↑  
漢字表記 黐躑躅
別名・異名
古名 モチツツジ(毛知豆々自、毛知都々之)
語源 和名は、花柄に粘り気があるので、鳥もちに似ていることから。/属名はギリシャ語のrhodon(バラ)とdendron(=樹木)の合成語で、「紅い花をつける木」の意。/種小名は「大きい萼のある」の意。
学名 Rhododendron macrosepalum
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ツツジ科ツツジ属
園芸分類 半落葉性低木
用途 路地植え
原産地 日本(本州:東海地方以西~近畿~中国地方~四国東部)の低山
花言葉 愛の喜び
解説 モチツツジは、ツツジ科の半落葉性低木である。概して赤松林などに自生の見られるツツジであり、日本特産ツツジの一種である。樹高は1~2m程度。若枝には軟長毛と粘毛が密生する。春の葉は倒披針形で、夏~秋の葉は長楕円形、両面には長毛が密生する。開花期は4~6月頃で、花径5~6㎝程度。雄蕊は5個。花色は紅紫色だが濃淡はさまざまである。萼片には粘り気の強い粘毛があり、名前の由来となっている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考