←トップ頁へ

和名 モモ
漢字表記
別名・異名
古名 モモ(毛々)
語源 和名の語源については諸説が存在する。/属名はギリシャ語のamygdala(=アーモンド、扁桃)を語源としている。/種小名は「ペルシャの」の意。
学名 Amygdalus persica Sieb. Et. Zucc.(=Prunus persica Sieb. Et. Zucc.)
英名 peach. 拙庭にて
仏名 pêche
独名 phirsich
伊名 pesca
西名 durazno
葡名 pêssego
漢名
植物分類 バラ科モモ属(←サクラ属)
園芸分類 落葉中木
用途 果樹/切り花/生食(果実)/薬用(葉)
原産地 中国北部黄河上流地域
花言葉 あなたに夢中、あなたのとりこです
解説 果実は球形で、表面に柔毛が密生する。果皮の地色は白色と黄糸があり、前者を白桃、後者を黄桃と呼んでいる。果肉は柔らかく、果汁が多い。その内側に核と呼ばれる堅い殻がある。果樹としてではなく、花を観賞するモモも発達していて、江戸時代にはハナモモの品種が8種記録されている。Topicsの植物回想録の中に「モモについて」の記述があります。参照下さい。
履歴 わが国へは、考古遺跡発掘出土品から弥生時代に渡来したと推測されている。現在の各種品種は、明治時代に中国から導入されたものが基本となっている。
県花・国花 岡山県花岡山県:鴨方町花/和歌山県:桃山町花/大阪府:羽曳野市花/新潟県:刈羽村花/山梨県:笛吹市木/福島県:国見町花・桑折町花/福島市花/宮城県:蔵王町花
古典1 『古事記』、『日本書紀』、『万葉集』、『落窪物語』、『枕草子』、『蜻蛉日記』、『宇津保物語』、『和漢朗詠集』、『梁塵秘抄』、『今昔物語』、『山家集』、『平家物語』、『徒然草』、『太平記』、『謡曲』、『近松浄瑠璃集』、『日本永代蔵』、『芭蕉句集』、『蕪村句集』、『一茶句集』
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『和名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
・一桃腐りて百桃損ず
・モモを取るなら虫を捕れ
成句 ・桃李言わざれども下自ずから蹊(みち)を成す→徳のある人のところには自然に人が集まってくる の意。
・桃おいどで聞いている→もじもじしながら人の阿話を聞いている様子を言う。
・桃栗三年柿八年→芽生えてから結実するまでの目安を言っている。
・桃の花咲けば鯉の口開く→暖かくなると鯉も泳ぎ出すの意。
・皿に桃を盛る→不安定な様子のたとえ。
・竹の台に桃を継ぐ→つじつまの合わないことのたとえ。
俗信 ・桃の虫は腹の薬
・桃は暗闇で食え
 (どちらも桃には虫がつきやすいことから出来た俗信)
季語 春(花)/夏(実)
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
9 108 「崖」
10 6 「浴用料」
15 96 「佛の座」
16 196 「乗り越し」
18 76 「栗」
18 176 「飛鳥の里」
19 151 「含笑花」