←トップ頁へ

和名 モミジイチゴ
撮影者:群馬県 権田 実様↑

撮影:GKZ/日光植物園↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
 
撮影地:小石川植物園↑

撮影地:東京都薬用植物園↑
漢字表記 紅葉苺
別名・異名 キイチゴ
古名   群馬県内にて
語源 和名は、葉姿がモミジに似ていることから。
属名は、rubusu(=赤)に由来している。実が赤いことから。
種小名は「掌状の」の意。
学名 Rubus palmatus var. coptophyllus
英名
仏名   
独名
伊名
西名
葡名
漢名 懸鉤子
植物分類 バラ科キイチゴ属
園芸分類 落葉低木
用途 食用(果実)
原産地 日本(本州~九州)
花言葉  嫉妬 
解説 モミジイチゴは、バラ科の落葉樹である。樹高は1~2m程度で、茎に刺が多い。葉は掌状に5裂する。4月頃、葉腋から花茎を伸ばし径3㎝程度の白色5弁の花を見せる。果実は球状の集合果で、夏に黄橙色に熟す。
履歴
県花・国花 筑波実験植物園→
古典1
古典2
季語
備考