←トップ頁へ

和名 モミジバスズカケノキ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
↑撮影地小石川植物園↓


撮影地:千葉市内↓

撮影地:新宿御苑↓
漢字表記 紅葉葉鈴懸木
別名・異名 プラタナス
カエデバスズカケノキ/
ヒポクラテスノキ
ファーコーウートン(法国梧桐)
古名
語源 和名は葉の形状から。(学名からの直訳と推測される。学名全体で、「カエデのような葉をしたプラタナス」の意となる。)/属名は、platys(=広い)とanthera(=葯)の合成語で、葯の間隔が広いことから。/種小名は「カエデ属に似た」の意。
学名 Platanus acerifolia Willd.
英名 London Plane
仏名 Plantane à feuille d'érable
独名 London-Plantane
伊名 Platano
西名
葡名
漢名 二球悬鈴木、法国梧桐
植物分類 スズカケノキ科スズカケノキ属
園芸分類 落葉高木
用途 公園樹/庭園樹
原産地 ヨーロッパ
花言葉 天才・天性
解説 モミジバスズカケノキは、スズカケノキ科の落葉樹である。樹高は20m程度までに成長する。モミジバスズカケノキは、スズカケノキアメリカスズカケノキとの交雑種と見なされている。花や実は両者共によく似ているが、葉の形状が異なる。
履歴 モミジバスズカケノキは、アメリカからアメリカスズカケノキの実がヨーロッパに渡り、スズカケノキとの交雑によって生じたと見なされているが、その始まりはスペイン辺りと推測されている。イギリスでのモミジバスズカケノキの最初の記録は1663年ということである。我が国への渡来時期については不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考