←トップ頁へ

和名jp モクセイ
漢字表記 木犀
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、漢名「木犀」の音読みから。因みに、「木犀」とは、樹皮が動物のサイ(犀)の皮に似ていることから。/属名はギリシャ語でosme(=芳香)とanthos(=花)の合成語で「香りのある花」の意。
学名sn Osmanthus Spp.
英名en Fragrant olive
Kwai-fa
仏名fr
独名de
伊名it とちぎ花センターにて
西名es
葡名pt
漢名ch 木犀(今日、中国では、「金桂・丹桂(キンモクセイ)」、「銀桂(ギンモクセイ)」、「桂花(ウスギモクセイ」のようにそれぞれ表記されている。)
植物分類 モクセイ科モクセイ属
園芸分類 常緑小高木
用途use 庭園樹/材は堅く、緻密で、割れ難く、磨くと光沢が出るので算盤玉、櫛、将棋駒などに用いられる。
原産地
distribution
モクセイ科の植物は、アジア東部~東南部に20種、ハワイ、ニューカレドニア島、北米に数種が分布し、我が国にも数種が自生する。 
花言葉 謙遜、初恋  
解説
description
モクセイは、キンモクセイギンモクセイウスギモクセイ等の総称である。単に木犀(モクセイ)と言えば、一般的にはギンモクセイを指す。モクセイ属の植物は常緑高木または大型の低木である。葉は有柄で、革質、羽状脈のある単葉で、全縁または鋸歯があり枝に対生する。雌雄異株。花は葉腋に束生するか短い総状花序につき、花冠には筒部があり、先は4裂する。花には芳香がある。モクセイの花は、ジンチョウゲなどと同様に湿気が高いほどよく匂う。果実は核果で黒熟する。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2 『下学集、『』大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語  
備考