←トップ頁へ

和名 モクマオウ
↑撮影:GKZ/国営沖縄記念公園にて↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:大阪市立大学植物園


漢字表記 木麻黄
別名・異名 オガサワラマツ(小笠原松)
古名
語源 和名は、マオウに似た葉を持つ樹木の意から。
属名は、ギリシャ語のallos(=異なる)とCasuarina(=旧モクマオウ属)の合成語から。
種小名は「輪生の」の意。
学名 Allocasuarina verticillata(=Casuarina stricta)
英名 Drooping She-Oak,
Nountain she-oak
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 小木麻黃
植物分類 モクマオウ科モクマオウ属
園芸分類 常緑高木
用途 防風樹/街路樹/風致木
原産地 オーストラリア~太平洋諸島/アフリカ東部
花言葉
解説 モクマオウはモクマオウ科の常緑樹である。まるでマツかと思える常緑樹である。幹は直立し、葉は退化して枝に鱗片状につく。枝は淡緑色で、やや垂れ下がる。葉は退化して鱗片状での糸状となり枝に輪生し下垂する。花は6月頃雌雄別の単性花を枝先につける。雄花は長い穂状花序で円筒形、雌花は短い側枝の先に頭状に集まる。果実は球果状で、10月頃に熟す。
履歴 明治の初め頃わが国に渡来している。現在、南西諸島や小笠原諸島では野生化して帰化植物と化している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
20 29 「いつか来た道」