←トップ頁へ

和名 ミヤマウグイスカグラ
上3図撮影:GKZ/日光植物園↑

↓奥日光・戦場ヶ原にて↑

下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:筑波実験植物園↑

漢字表記 深山鶯神楽
別名・異名
古名
語源 和名は、高山に自生の見られるウグイスカグラの意。/属名は、ドイツ人の採集家A.ロニツアーの名に因んでいる。/種小名はギリシャ語のgracilis(=細い)とpes(=足)の合成語からで、花茎の細さを示している。/変種名は「腺質の」の意。
学名 Lonicera gracilipes Miq. Var. glandulosa
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 スイカズラ科スイカズラ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本(本州以西)
花言葉 未来を見つめる、将来の夢
解説 ミヤマウグイスカグラは、スイカズラ科の落葉樹である。樹高は2m程度に。よく分枝し、枝・葉には褐色の毛が見られる。葉は対生し、広楕円形か卵状楕円形である。葉長は、3〜5p程度。質は薄い。5〜6月頃に淡紅色の半を見せる。液果は楕円形で、紅色に熟す。果実も毛で覆われている。
履歴
県花・国花
古典1 撮影地:皇居東御苑→
古典2
季語
備考