←トップ頁へ

和名jp ミヤマシキミ
撮影地:国営ひたち海浜公園/撮影GKZ↑

↑撮影者:東京都 山口米子様↓

下2図撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:皇居東御苑↑
漢字表記 深山樒
別名・異名
other name
古名old name ニツツジ(丹躑躅・爾都都之・邇豆々之)
語源
etymology
和名は、枝や葉がシキミに似ていて山中に自生が見られることから。
属名は、和名のシキミに由来している。
種小名は「日本の」の意。
学名sn Skimmia japonica
英名en
仏名fr
独名de 撮影地:皇居東御苑
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ミカン科ミヤマシキミ属
園芸分類 常緑低木
用途use 路地植え/鉢植え/薬用(葉)
原産地
distribution
日本(福島県以西)
花言葉 寛大
解説
description
ミヤマシキミは、ミカン科の常緑低木である。樹高は1.5m以下の低木となる。葉は枝先に集まり光沢があり、厚葉で、互生する。4〜5月頃枝先に円錐花序を出し、白色の芳香ある花を見せる。秋に、果実は赤く熟す。 
履歴
県花・国花 雌花→
古典1
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語 撮影地:日立市・鵜の岬
備考