←トップ頁へ

和名 ミヤマニワトコ  
漢字表記 深山接骨木
別名・異名 オオニワトコ(大接骨木)
古名
語源 和名は、深山に見られるニワトコの意。/属名はギリシャ語の古代楽器名に因んでいる。/種小名は「総状花序をつけた」の意。/亜種名は「シーボルトの」の意。/変種名は「より大きな」の意。
学名 Sambucus racemosa subsp. sieboldiana var. major
英名    撮影:GKZ/撮影地:長野県上高地↑
仏名 撮影者:東京都 山口米子様↓
独名
伊名 撮影地:長野県小谷村園
西名 栂池自然園→
葡名
漢名
植物分類 レンブクソウ科(←スイカズラ科)ニワトコ属
園芸分類 落葉低木
用途 薬用
原産地 日本
花言葉 熱中・熱心・熱狂
解説 ミヤマニワトコは、レンブクソウ科(←スイカズラ科)の落葉樹である。樹高は1~1.5m程度。葉は2~3対の小葉を持ち、小葉は長さ5~13㎝程度、葉幅1.5~5㎝程度の長楕円形で、縁部には鋸歯を持ち、前端部は鋭頭となる。6~7月頃、円錐花序に白色の小花を見せる。花後には倒卵形の液果をつけ赤熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考