←トップ頁へ

検索名  ミリントニア・ホルテンシス   
和名 コルクノウゼン
漢字表記 コルク凌霄
別名・異名 ミリントニア・ホルテンシス、ビグノニア・スベローサ、ピープ(タイ語名)、カーサロン(タイ語名)
古名 撮影地・タイ・カンチャナ・ブリー
語源 和名は、旧学名の種小名に示されるsuberosaはラテン語で「コルク」を意味することから。/属名はイギリス人医師Sir Thomas Millingtonの名に因んでいる。/種小名は「庭園の」の意。
学名 Millingtonia hortensis(=Bignonia suberosa)
英名 Indian Cork tree、Jasimne tree   撮影者:東京都 中村利治様 
仏名   
独名   
伊名
西名
葡名
漢名 老鴉煙筒花
泰名  ปีบ,กาสะลอ
植物分類 ノウゼンカズラ科ミリントン属
園芸分類 常緑高木
用途 街路樹、公園樹、庭園樹、染料(樹皮)、食用(花)、薬用(葉・種子) 
原産地 インド、ミャンマー、タイ
花言葉  撮影地・タイ・カンチャナ・ブリー
解説 コルクノウゼンは、ノウゼンカズラ科の常緑樹である。樹高は20m前後程度に。樹皮は明るい茶褐色であるが、もろく剥がれやすい。材は黄色味を帯びた白色で、とても柔らかいために用材としては用いられることはない。葉は3回羽状複葉で、小葉は長さ3~5㎝程度の卵形、全縁、鋭頭、枝に対生する。葉の表面には幾分光沢がある。原産地では、花は、年に2回開花するという。花は枝先の葉腋から長さ5~8㎝程度ととても細長い花筒を持った白色で、花冠は5裂する。開花時には、特に夕刻になると芳香を放つ。花後の果実は長さ10~20㎝程度で、扁平な長楕円形で、中に翼を持った種子を多数内包する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花 タイ・ピッサヌローク県木
ブラーチーンブリー県花
古典1
古典2
季語
備考
   
   
   
   
   
   
   
  ↓撮影地:タイ・ホアヒン→