←トップ頁へ

和名 ミネカエデ
↑撮影地:尾瀬国立公園↓

撮影地:長野県栂池自然園↓
 
漢字表記 峰楓
別名・異名
古名
語源 和名は、高山に生えるカエデの意から。/属名はラテン語でカエデの一種A.campestreを語源とし、この語には「裂ける」の意を持ち、切れ込んだ葉形による。/種小名はマキシモヴィッツのために日本の植物採集をした須川長之助への献名。
学名 Acer tcschonoskii
英名
仏名
独名
伊名 撮影者:千葉県 三浦久美子様
西名
葡名
漢名
植物分類 ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属
園芸分類 落葉小高木
用途 路地植え
原産地 日本(本州:中部以北・北海道)~南千島
花言葉
解説 ミネカエデは、ムクロジ科(←カエデ科)の落葉樹である。概して亜高山帯の林地に自生が見られる樹木である。雌雄異株或いは同株。樹高は3~5m程度となる。葉は長さ7~13㎝程度の掌状で、5~7中裂し、各裂片には重鋸歯がある。葉は長い葉柄の先につき、枝に対生する。6~7月頃、枝先に総状花序を出し、径1㎝程度で淡黄緑色の花を5~10個程度つける。花後には、長さ2~3㎝程度の翼果をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考