←トップ頁へ

和名   ミケリア・プラティペタラ  
漢字表記
撮影者:千葉県 三浦久美子様   
撮影地:筑波実験植物園
別名・異名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、スイスの植物学者Marc Micheliの名に因んでいる。/種小名は「広い花弁の」の意。
学名 Michelia platypetala
英名
仏名
独名   
伊名
西名
葡名
漢名 闊弁白蘭花
植物分類  モクレン科オガタマノキ属 
園芸分類 常緑高木
用途 庭木/鉢植え
原産地 中国
花言葉
解説 ミケリア・プラティペタラはモクレン科の常緑樹である。中国南部の標高1200〜1500m級高地に自生の見られる樹木である。樹高は20〜30mに及ぶという。原産地では樹高が20mにも達するという。葉は革質で長楕円形で枝に互生する。3〜4月頃、枝先に径5〜7p程度で白色の花をつける。花被片は9個。開花時には強い芳香を放つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考