←トップ頁へ

和名 ミカモノユウバエ  
漢字表記 ,三毳の夕映  
別名・異名  
古名  
語源 和名は、品種名から。/属名は、ギリシャ語のDios(=神)とpyros(=穀物)の合成語で、「神の食物」の意となる。つまり、果実が美味であることを讃えた命名。/種小名は、「菱形葉の」の意。/品種名は、栃木県佐野市・栃木市に位置する「三毳山」の名に因んでいる。
学名 Diospyros × rhombifolia 'Mikamonoyuhbae' 
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:栃木県道の駅「みかも」
西名
葡名
漢名
植物分類 カキノキ科カキノキ属
園芸分類 落葉低木
用途 庭木/盆栽
原産地 園芸作出品種
花言葉 幸せな家庭
解説 ミカモノユウバエはカキノキ科の落葉樹である。中国原産のロウヤガキと我が国原産のトキワガキの交雑により作出された園芸品種である。樹高は2m前後程度となる。葉は、薄く紙質で、学名にも見られるように菱形から卵状菱形で、大きさは、ロウヤガキよりも幾分大き目となる。葉の表面には幾分光沢がある。3~4月頃に開花し、10月頃に果実は橙色に熟す。本種の果実の表面には黒色の粒子状斑点が入らない。果実の形状はほぼ球状である。雌雄異株。我が国では、実物盆栽として愛培されている事が多い品種である。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考