←トップ頁へ

検索名  メラストマ・ノルマレ   
和名 マルバノボタン
漢字表記 丸葉野牡丹
別名・異名 メラストマ・ノルマレ
古名
語源 和名は丸味を帯びた葉を持つノボタンの意からか。/属名はギリシャ語のmelas(=黒い)とstoma(=口)の合成語で、果を食べると口が黒く染まることからという。/種小名は「正常な、正規の」の意。
学名 Melastoma normale(=Melastoma malabathricum subsp. normale)
英名 Indian or Singapore Rhododendron,
Malabar gooseberry
仏名 撮影者:東京都 中村利治様/小石川植物園にて
独名
伊名 Himalayan Melastome
西名
葡名
漢名 展毛野牡丹・肖野牡丹・白暴牙狼・大金香爐・金髪野生牡丹
泰名  อ้า,อ้าหลวง,ซอลาเปล,ซือจือท่ง,ขันก๋าง,จุกนาร
植物分類 ノボタン科ノボタン属
園芸分類 常緑低木
用途
原産地 台湾・中国・ベトナム・ラオス・カンボジア・タイ・インドネシア・フィリピン
花言葉   
解説 メラストマ・ノルマレはノボタン科の常緑樹である。樹高は0.5~1m程度であるが希に3m程度まで達することがあるという。本種は、葉、若枝、花柄等には鱗状短毛が密生している。葉は長さ4~12㎝、幅1.5~4㎝の楕円状披針形で、全縁、厚味があり、先端は鋭頭、枝に対生する。葉の表面には5本程度の葉脈が顕著で、その部分は下方に凹みを見せる。8~9月頃、枝先に散房花序を出し、桃紫色の径4~5㎝程度で5弁の花を開く。花後の果実は幾分多肉質な径1㎝程度の球形である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考