←トップ頁へ

検索名  メープルリーフ・ツリー   
和名 クスノハカエデ
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 楠葉槭
別名・異名 メープルリーフ・ツリー
古名
語源 和名は、葉姿がクスノキによく似ていることから。/属名はラテン語で「裂ける」の意で、葉の形状から。/種小名は、「長楕円形の」の意。/亜種名については「伊藤」姓の日本人名に因んでいるものと推測される。
学名 Acer oblongum subsup. itoanum
英名
仏名
独名
伊名   
西名
葡名
漢名 飛蛾槭
植物分類 ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属
園芸分類 落葉高木
用途
原産地 日本(鹿児島県・琉球諸島)~台湾
花言葉    筑波実験植物園にて
  
解説 クスノハカエデはムクロジ科(←カエデ科)の常緑樹である。カエデ属の中では珍しく常緑である。樹高は15m程度に。若枝や葉柄は白色の軟細毛に覆われている。葉は、短い葉柄を持った楕円形で、全縁、鋭頭となる。葉は革質で濃緑色で、表面には「光沢がある。葉の裏面は帯灰白色となる。4~5月頃、枝先に黄色い小花をつけた花序が立ち上がる。花後の果実には他のカエデ科の仲間同様に翼を持つ。近年、我が国の園芸界では「メープルリーフ・ツリー」の名で流通を見ているが、カナダの国樹であるメイプル・ツリーとは別の存在である。  
履歴 環境省RDB:絶滅危惧Ⅱ類(VU) 
県花・国花
古典1  
古典2  
季語  
備考