←トップ頁へ

検索名 メディニラ・スペキオーサ
和名 サンゴノボタン
撮影者:千葉県 三浦久美子様↑
撮影者:大阪府 藤井 勝様↓

   撮影地:咲くやこの花館↑
漢字表記 珊瑚野牡丹
別名・異名 メディニラ・スペキオーサ
古名 撮影地:大船植物園→
語源 和名は、花序の形状と色合いからの命名と推測される。
属名は、マリアンヌ諸島の知事だったJose de Medinillaへの献名。
種小名は、「綺麗な」の意。
学名 Medinilla speciosa
英名 Showy melastome
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ノボタン科オオバヤドリノボタン属
園芸分類 常緑蔓性低木
用途 路地植え(温室栽培)/鉢植え
原産地 東南アジア/アフリカ/太平洋上の島々(それぞれ熱帯地域)
花言葉 温和
解説 サンゴノボタンは、ノボタン科の常緑低木である。我が国では、近縁種のメデニアラ・マグニフィカの方がより多く栽培されているように思える。本種の場合、花房は30㎝程度で下垂するが、マグニフィカ種と比較して、花序に苞が無い点が大きな特徴と言える。花径2㎝前後のピンクの花を見せる。花後に径5㎜前後の球形の液果をつけ、淡紅紫色から熟すにしたがって黒紫色へと変化を見せる。
履歴 我が国への渡来時期葉不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考