←トップ頁へ

和名 マザー・ローデ
漢字表記
別名・異名 ユニペルス・ホリゾンタリス・マザーローテ
古名
語源 和名は、品種名から。/属名は、ラテン語のiuniperus(=ネズミサシ属のラテン古名)から。/種小名は「水平の」の意。
学名 Juniperus horizontalis 'Mother Lode'
英名 Mother Lode Creeping Juniper
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ヒノキ科ネズミサシ属(←ビャクシン属)
園芸分類 常緑小低木
用途 グランドカバー/ロック・ガーデン/コニファー・ガーデン
原産地 園芸作出品種(アメリカ)
花言葉 栃木県佐野市:三毳山ハーブ園にて
解説 マザー・ロデは、ヒノキ科の常緑樹である。所謂アメリカ・ハイビャクシンの一品種である。樹高は0.5m程度という矮性種であるために、グランドカヴァーとして用いられる。樹形は匍匐性であるために枝は放射状に伸びて、直径1~1.5m程度に及ぶ。階段状の地形でも、その地形に沿って匍匐するという特性を有する。鱗葉は黄金葉で、冬葉は橙色を帯びる。枝先は上向きとなり、枝葉が密生するために、ヴォリューム感を醸し出す樹種である。生育は遅いと言われている。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考