←トップ頁へ

検索名  マヨム(タイ語名)   
和名 アメダマノキ
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影:GKZ/宇都宮市:ロマンチック村↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓
 撮影地:筑波実験植物園↑
漢字表記 飴玉木
別名・異名 マヨム(タイ語名)
古名 撮影地:タイ・バンコク
語源 和名は、実の形状から。
属名は、ギリシャ語のphyllon(=葉)とanthos(=花)の合成語で、本属の場合、葉状に広がった枝に花がつくため。
種小名は、「酸っぱい、酸味を帯びた」の意。
学名 Phyllanthus acidus(=Cicca asida)
英名 Stargooseberry,
Starberry,
Malay gooseberry,
Tahitian gooseberry
仏名
独名
伊名
西名
漢名 印度醋栗
泰名  มะยม 
植物分類 コミカンソウ科(←トウダイグサ科)コミカンソウ属
園芸分類 常緑低木
用途 食用(果実・若葉)
原産地 インド~マレー半島
花言葉
解説 アメダマノキは、コミカンソウ科(←トウダイグサ科)の常緑樹である。樹高は6m程度に。葉は羽状複葉で枝に互生する。幹から直接総状花序を出し、雌花の周囲を雄花が取り囲むように径2㎝前後の花が数個まとまって開花する。果実は径1~2㎝程度で丸味を帯びた角が6個あり、その形状から英名ではStarberryとも呼ばれる。果実の表面はワックスがけをしたような光沢がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
成句・熟語
季語
備考
下図撮影者:千葉県 三浦久美子様/撮影地:富山中央植物園
← 花序