←トップ頁へ

和名jp マツリカ

漢字表記 莱莉花
別名・異名
etymology
アラビアン・ジャスミン
サンパギタ
モウリンカ
マリソウ
古名
old name
語源
etymology
和名は漢名「莱莉花」の音読みから。
属名はアラビア語のysmun(=白い花)を語源としている。
種小名はこの植物のアラビア名。
学名sn Jasminum sambac Soland.
英名en Arabian jasmine
仏名fr Jasmin
独名de Jasmin
伊名it gelsomino
西名es jazmin
葡名pt jasmineiro
漢名ch 莱莉花
植物分類 モクセイ科ソケイ属
園芸分類 常緑低木
用途use 鉢植え/コサージュ/香水原料/花は乾燥してジャスミン・ティーに
原産地
distribution
インド/アラビア
花言葉 清浄無垢
解説
description
マツリカはモクセイ科の常緑樹である。幹は、よく分枝して叢生する低木で、直立性のものと蔓性のものがある。樹高は3m程度に。葉は広卵形で、長さ3〜8p程度で、対生または三つ葉で輪生する。7〜8月頃開花し、花色は白、黄、赤がある。
履歴 属名のJasminumは、原産地アラビアの現地名ヤスミンに因んでいる。中国では晋代の『南方草木状』に、「末利(モーリー)」の中国名が記載されている。漢名の「茉莉花」はサンスクリット語のmallikaを語源としている。
県花・国花 インドネシア・フィリピン共和国の国花
古典1
古典2 『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語 夏(花)
備考