←トップ頁へ

和名jp マツカサバーレリア
 撮影者:東京都 中村利治様

 撮影地:筑波実験植物園


漢字表記 松毬バーレリア
別名・異名
other name
バルレリア・ルプリナ
古名
old name
語源
etymology
和名は、苞の形状が松毬を思わせることから。
属名は、聖ドミニコ会修道士で植物学者でもあったフランスのJacques Barrelier への献名。
種小名は「ホップに似た」の意。
学名sn Barleria lupulina
英名en Hphead
Philippine violet
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 花葉假杜鵑
血紅
七星劍
血路草
植物分類 キツネノマゴ科バルレリア属
園芸分類 常緑低木
用途use 路地植え/鉢植え/薬用
原産地
distribution
モーリシャス
花言葉  
解説
description
マツカサバーレリアはキツネノマゴ科の常緑樹である。樹高は60~90㎝程度に。葉は長さ3.5~9㎝、幅0.8~1.2㎝のほぼ線形に近い狭楕円状で、全縁、鋭頭、基部は葉柄状に狭まり、枝に対生する。葉柄の付け根には鋭い刺がある。葉の表面には光沢があり、主脈部分は赤橙色となる。10~3月頃、枝先に円筒状の苞を出し、そこから黄色い筒状花をつける。花冠は5裂し、花弁の長さは1㎝程度である。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考