←トップ頁へ

和名jp  マツブサ 
撮影者:千葉県 三浦久美子様 

撮影地:市原市・クオードの森↑

撮影地:東京都薬用植物園↑      
漢字表記 松房
別名・異名
another name
ウシブドウ(牛葡萄)
ショウトウ(松藤)
マツエビ(松葡萄)
マツブドウ(松葡萄)
ワタカズラ(仙人葛)
ヤワヅル(柔蔓
古名old name
語源
etymology
和名は、j樹皮が松に似て庵、茎を折ると松脂状の匂いがし、実が房状に下垂することから。
属名は、ギリシャ語のschizein(=裂ける)とandros(=雄蘂)の合成語から。
種小名は「波状の」の意。
学名 sn Schisandra repanda
(=Schisandra nigra)
英名en Magnolia vine
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 マツブサ科マツブサ属
園芸分類 蔓性落葉樹
用途use 食用(果実)・薬用・入浴剤(茎)・ワイン醸造(果実)
原産地
distribution
日本~朝鮮半島
花言葉
解説
description
チョウセンゴミシはマツブサ科の蔓性落葉樹である。雌雄異株。蔓の長さ5m程度となる。蔓は左巻きとなる。蔓を折ると松脂状の匂いがする。樹皮は縦に割れ、コルク質が発達する。葉は長さ7㎝前後程度、幅3~7㎝程度の広楕円形で、縁部には波状の鋸歯がある。葉は短枝の先に散形状に数個がまとまってつく。葉には長い葉柄がつく。葉質は肉厚で、表面には光沢があり、表裏共に無毛である。開花期は5~6月頃で、葉腋から3~4㎝程度の花柄を出し、淡黄色の花を下垂する。雄花は径1.5㎝程度で、花弁の中に5個の葯が合着した花糸がつく。雌花は花弁と萼片との区別がなく、9~10個の花被片となる。中に10数個の雌蕊が螺旋状につき、受粉すると実が房状に下垂する。果実は径1㎝程度の球状で、秋に藍黒色に熟す。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2 『本草和名』、『和名類聚鈔』、『大和本草』、『物品識名』  
季語  
備考