←トップ頁へ

和名 マスチック・タイム
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様 

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方
漢字表記
別名・異名 スパニッシュ・マジョラム
タイム マストキナ

ティムス・マスティキナ
古名
語源 和名は英名の直訳から。
属名は、ラテン語のsenex(=老人)に由来し、灰白色の毛または白色の冠毛をもつことから。
種小名はギリシャ語のmassein(=噛む)を語源としている。
学名 Thymus mastichina
英名 Spanish majoram
Mastic thyme
仏名 Thym résineux
独名 Waldmajoran,
Spanicher Thymian
伊名 Maggiorana
西名 Tomillo blanco
葡名 Tomilho
漢名 西班牙馬郁蘭
植物分類 シソ科イブキジャコウソウ属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え/ハーブ/精油/香料/ポプリ
原産地 イベリア半島中部~南部
花言葉 勇気
解説 マスチック・タイムは、シソ科の常緑樹である。樹高は20~40㎝程度に。全体が細毛に覆われ、茎・葉ともに灰色を帯びている。葉は狭長楕円状で、全縁、先端は尖り、枝に対生する。花は葉腋に輪生状に淡紅色を帯びた白色の小花を多数開花する。香りが強いハーブである。浴用の香料やポプリとして親しまれている。料理では癖の強い肉料理に用いられる。エッセンシャル・オイルの抽出には重要な存在のハーブである。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考