←トップ頁へ

和名 マスムラサキ
撮影者:東京都 山口米子様

撮影地:神代植物公園カエデ園
漢字表記 増紫
別名・異名
古名
語源 和名は、品種名から。
属名のAcerとは、ラテン語で「裂ける」という意味を持ち、切れ込んだ葉の形に由来している。
種小名は「掌状の」の意。
学名 Acer palmatum 'Masu-Murasaki'
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属
園芸分類 落葉高木
用途 庭園樹/盆栽
原産地 園芸作出品種
花言葉 愛と豊穣
解説 マスムラサキは、ムクロジ科(←カエデ科)の落葉樹である。本種は、ヤマモミジ系の園芸品種である。樹高は10m前後程度となる。葉は5~9裂、普通は7裂である。細かく規則的な単鋸歯がある。本種は、出芽時には濃赤色でやがて淡赤茶色へと変化し、夏場は緑色となり、秋に再び紅葉し濃赤色となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考