←トップ頁へ

和名jp マスイドーフィン
撮影者:東京都 石黒俊紀様
撮影地:東京都薬用植物園

漢字表記 桝井ドーフィン
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名に見られる「桝井」とは、本種を我が国にもたらした桝井光次郎氏の名に因んでおり、Dauphineとはフランス語で「王太子妃」の意である。西洋から渡来したイチジクの意から。
属名は、イチジクに対するラテン古名から。
種小名は「直立した」の意。
学名sn Ficus carica ’Masui Dauphine'
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 クワ科イチジク属
園芸分類 落葉中木
用途use 食用(生食・ジャム)
原産地
distribution
園芸作出品種
花言葉 裕福・多産・平安
解説 
desscription
マスイドーフィンはクワ科の落葉樹である。 セイヨウイチジクから作出された園芸品種である。母種のセイヨウイチジクの場合は、樹高が7~10m程度となるが、本種は栽培種のため、人間の身長程度に抑えられて栽培される。樹皮は平滑でほぼ白色となる。本種は乳白色の樹液を有し人間の皮膚への刺激物となる。葉は長さ12~25㎝、幅10~18㎝程度で、3~5深裂する。葉には芳香がある。食用とされる果実は、長さ3~5㎝程度の緑色で、赤褐色に熟す。甘味は幾分薄目ではあるが、収穫量が多いので我が国のイチジク生産の8割程度となっている。
履歴 広島県の桝井農場創設者の桝井光次郎氏は、渡米し、6年間過ごした後に、明治41年(1908)に帰国している。その際現地の知人から本種の苗を3本プレゼントされ、我が国に持ち帰っている。その後、挿し木増殖により、本種は、全国に普及を見ている。
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考