←トップ頁へ

和名 マルス・レモイネ
館林市:ザ・トレジャー・ガーデンにて
漢字表記
別名・異名 クラブアップル・レモイネ
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、Malon(=リンゴのギリシャ名)から。/種小名は「帯び紫色の」の意。
学名 Malus x purpurea Lemoine
英名 Lemoine's purple crab, Purple-leaved crab apple
仏名
独名  
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科リンゴ属
園芸分類 落葉高木
用途 庭園樹/公園樹/街路樹
原産地 園芸作出品種
花言葉
解説 マルス・レモイネは、バラ科の落葉樹である。4月頃、リンゴに似た紅色に底白の花を開花する。10月頃には、径3㎝程度の紅赤色の姫リンゴのような実を実らせる。花も実も楽しめるので、欧米ではクラブアップルと呼ばれて庭園樹として親しまれている人気の高い樹木である。葉色が紫色を帯びるため、カラー・リーフ・ツリーとして植栽される。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考