←トップ頁へ

和名jp マルバシモツケ
↑撮影:GKZ/日光植物園↓

撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:秋田駒ヶ岳8合目辺
漢字表記 丸葉下野
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、普通のシモツケは、葉が長楕円形であるが、本種の場合には、広楕円形となりことから。つまり、葉の丸味を帯びたシモツケの意。
属名はラテン語の「螺旋状の」の意で、この属の中に果実が螺旋状につく種があることから。
種小名は「カバノキ属の葉のような」の意。
学名sn Spiraea betulifolia
英名en Birchleaf Spirea
仏名fr Spirée à feuilles de bouleau 
独名de Birkenblättrige Spiere
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 樺葉綉綫菊
植物分類 バラ科シモツケ属
園芸分類 落葉低木
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(本州中部地域以北)/千島列島/サハリン/シベリア東部 
花言葉
解説
description
マルバシモツケは、バラ科の落葉低木である。樹高は1m程度に。葉は葉柄を持ち、長さ1.5~5.5㎝程度。下面の縁に軟毛がある。6~7月頃、白色の小花を見せる。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考