←トップ頁へ

和名 マルバサツキ
↑撮影者:指宿市 吉永様↓
  撮影地:筑波実験植物園↓

↑撮影者:千葉県三浦久美子様↓
 
漢字表記 丸葉皐月
別名・異名 カイモンサツキ(開聞皐月)
古名
語源 和名は、丸味を帯びた葉を持つサツキの意。別名は、鹿児島県の開聞岳の名に因んでいる。属名は、ギリシャ語のrhodon(=バラ)とdendron(=樹木)の合成語で、「赤い花をつける木」の意。/種小名は「軟毛ある果実の」の意。
学名 Rhododendron eriocarpum
英名
仏名   
独名 撮影地:鹿児島県・開聞岳
伊名
西名
葡名
漢名 圓葉杜鵑
植物分類 ツツジ科ツツジ属
園芸分類 半常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本(九州南端・屋久島・トカラ列島)
花言葉
解説 マルバサツキは、ツツジ科の常緑樹である。樹高は0.5~1m程度。葉は厚味があり、光沢がある。倒卵状楕円形もしくは長楕円形で、長さ1~4㎝、幅0.5~2.5㎝程度。葉の先は尖るが、やや鈍い。5~6月頃に枝先に開花する。花色は淡紅紫色で、花形は円形に近い。花弁も丸味を帯びている。上側内面に濃色の斑点がみられる。花径は3~5㎝程度。本来、原産地の項に記した地の産であるが、庭木としても植栽されていることが多く見受けられる。
履歴
県花・国花 鹿児島県:三島村花・十島村花・開聞町花
古典1
古典2 撮影地:小石川植物園→
季語
備考