←トップ頁へ

和名jp マルバハギ  撮影者:群馬県 権田 実様↑
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:小石川植物園↑ 
漢字表記 丸葉萩
別名・異名
another name
古名old name 撮影地:群馬県内→
語源
etymology
和名は、文字通り丸味のある葉を持ったハギの意。
属名は、アメリカフロリダ州知事であったV.M.デ・セスペデス(Cespedes)の名に因んでいるが、誤植によりLespedezaとなってしまたものであるという。
種小名は「曲がった総の」の意。
学名 sn Lespedeza cyrtobotrya 
英名 en Leafy lespedeza
Leafy bush-clover
仏名 fr  
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 短梗胡枝子
植物分類 マメ科ハギ属
園芸分類 落葉低木
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本/朝鮮半島/中国
花言葉
解説
description
マルバハギはマメ科の落葉樹である。樹高は1~3m程度。葉は3出複葉で枝に互生する。小葉は長さ2~3㎝、幅2㎝前後程度の倒卵形~長円形で、全縁。葉の表面は緑色であるが、裏面は灰白色となる。両面に毛が見られる。8~10月頃、葉腋より総状花序を出し、長さ1~1.5㎝程度で紅紫色の花をつける。花後につく豆果は熟しても裂開しない。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考