←トップ頁へ

検索名  マルバビスカス   
和名jp ウナズキヒメフヨウ
↑撮影:GKZ/とちぎ花センター↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:筑波実験植物園↑  
漢字表記 頷き姫芙蓉
別名・異名
other name
マルバビスカス
タイリンヒメフヨウ
チャバー・ロム(タイ語名)
古名
old name
語源
etymology
和名は、蕾時には上を向いているが開花時には下向きとなってしまうことから。
属名は、ゼニアオイ属の大型花につけられたギリシャ名を語源としている。
旧属名はラテン語のmalva(=ゼニアオイ)とbiscus(=とりもち)の合成語で、果実に粘液があるため。
種小名は「高木の、樹木の」の意。
変種名は「メキシコの」の意。
学名sn Hibiscus arboreus var. mexicanus
(=Malvaviscus arboreus var. mexicanus)
英名en Sleeping Hibiscus
Mexican Turk's Cap
Cardinals hat
仏名fr
独名de
伊名it
西名es Manzanilla,
Tulipán
Hibisco dormilón
葡名pt
漢名ch 南美朱槿
泰名th ชบาร่ม 
植物分類 アオイ科フヨウ属(←マルバビスクス属)
園芸分類 常緑低木
用途use 路地植え
原産地
distribution
熱帯アメリカ
花言葉 優しい感受性
解説
description
ウナヅキヒメフヨウは、アオイ科の常緑低木である。樹高は1~2m程度。葉は卵状心臓形で、浅く3裂するか楕円状。長さ6~12㎝程度。葉の縁部には鋸歯があり、先端部は鋭頭。表面はざらつきがあり、裏面には軟毛が見られる。花は単生し、蕾時には上向きであるが開花時には下向きとなる。花びらの付け根に角状に飛び出た部分があり、雄蘂にねじ込むように巻き付くので、花は正開しない。 
履歴 ヒメフヨウは昭和初期に渡来しているが、本種の渡来時期不詳。
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考