←トップ頁へ

検索名  マロニエ
↑撮影:GKZ/群馬緑化センター↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:日比谷公園↑ 
和名jp セイヨウトチノキ
漢字表記 西洋栃
別名・異名
other name
マロニエ
ウマグリ(馬栗)
古名old name
語源
etymology
和名は、わが国のトチノキの仲間であるが外来種であることから。
別名
は英名のHorse chestnutからの直訳から。
英名
は、学名のhippocastanum(=馬の栗)からの直訳。
属名は、ギリシャ語のaescare(=食料)の意で、食用・飼料になることから。
種小名はトチノキの古名からで「馬の栗」の意。
学名sn Aesculus hippocastanum L.
英名en horse chestnut
仏名fr marronnier
独名de Rosskastanie
伊名it castagno
西名es castaño
葡名pt castanha
漢名ch 欧洲七葉樹
植物分類 ムクロジ科(←トチノキ科)トチノキ属
園芸分類 落葉高木
用途use 庭木/公園樹/街路樹/記念樹
原産地
distribution
地中海沿岸
花言葉 博愛/贅沢
解説
description
セイヨウトチノキはムクロジ科(←トチノキ科)の落葉樹である。樹高は25~30㍍にもなる。樹皮は灰褐色。我が国に自生するトチノキとは冬芽に樹脂がない点で区別できる。花は白に赤と黄の斑紋が入る。花期は5月頃。
履歴 わが国では明治の中頃に新宿御苑に植えられたのが最初である。当初はウマグリと呼ばれていたが、その後現在の「セイヨウトチノキ」に改められた。
県花・国花
古典1
古典2
季語 夏(花)/秋(実)
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
2 19 「種子」
13 85 「再会」
13 104 「露草」
15 129 「阿蘭陀雉隠し崖」