←トップ頁へ

検索名  マプート 
撮影者:千葉県 三浦久美子様↑

↑撮影者:東京都 中村利治様↓

和名 オオバノマンゴスチン
漢字表記 大葉マンゴスチン
別名・異名 マプート(タイ語名)
古名 撮影地:筑波実験植物園→
語源 属名はフランスの牧師Laurentiers Garcinへの献名。
種小名は「甘い」の意。
学名 Garcinia dulcis
英名 Claudie Mangosteen
仏名
独名
伊名 夢の島熱帯植物館にて
西名
葡名
漢名 爪哇鳳果
泰名  มะพูด 
植物分類 フクギ科(←オトギリソウ科)フクギ属
園芸分類 常緑高木
用途 食用(果実)/染料(樹皮)/薬用
原産地 熱帯アジア
花言葉
解説 オオバノマンゴスチンはフクギ科の常緑樹である。樹高は10m程度。葉は革質の長さ30㎝前後程度の狭楕円状で、縁部は全縁であるが緩やかな波を打ち、先端部は鋭頭、枝に対生する。4~5月頃、枝先の葉腋に集散花序を出し、径1~1.5㎝程度で壺形の花をつける。花は黄白色の4弁花。花後には径6~7㎝程度でほぼ球状の果実をつけほぼ1~1.5ヶ月程度で黄熟する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考