←トップ頁へ

和名jp マオウ
撮影者:東京都 中村利治様

筑波実験植物園にて↑

東京都薬用植物園にて↑

小石川植物園にて↑
漢字表記 麻黄
別名・異名
another name
エフェドラ・シニカ
シナマオウ
古名old name
語源
etymology
和名は、中国産のマオウの意。マオウは、漢名「麻黄」の音読みから。
属名はギリシャ語のepi(=上)とhedra(=座)の合成語で、石の上にも生じるためという。
種小名は「中国の」の意。
学名sn Ephedra sinica Stapf.
英名en Chinese ephedra
仏名fr Éphédrachinois
Mahuang
独名de Ma Huang
Chinesische Meerträubel
伊名it Efedra
西名es Efedra,ma-Huang
葡名pt Éfedra
漢名ch 中麻黄
植物分類 マオウ科マオウ属
園芸分類 常緑低木
用途use 薬用
原産地
distribution
中国~モンゴル
花言葉
解説
description
シナマオウは、マオウ科の常緑低木である。一見して、草のように見えるが木本植物である。外見は、トクサのようにも見える。茎には節があり、葉はその節から対生する。雌雄異株。花は黄色い小花である。
履歴 中国最古の薬物書『神農本草経』(500年刊)には既に麻黄の薬効が述べられている。
県花・国花
古典1
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『下学集』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物品識名』
備考 気管支喘息に薬効のあるエフェドリンはマオウから得られる。