←トップ頁へ

検索名  マヌカ
和名 ギョリュウバイ
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影:GKZ/都立八丈植物園↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:夢の島熱帯植物館↑
 
漢字表記 御柳梅
別名・異名 レプトスペルマム・スコーパリウム
ティー・ツリー
ネズモドキ
マヌカ
古名 千葉市:「花の美術館」にて
語源 和名は葉姿がギョリュウに似ていて花がウメに似ていることから。
別名のティー・ツリーとは、昔、葉をチャの代用にしたことからと言う
別名のネズモドキとは、針葉樹のネズに葉姿が似ていることからと言う。また、マヌカとは原産地の先住民マオリ族の現地名という。
属名はギリシャ語のlepto(=弱い、か細い)とsperuma(=種子)の合成語から。
種小名は「箒状の」の意。
学名 Leptospermum scoparium
英名 Tea Tree,
Manuka
仏名 Abre à thé,
Manuka,
Myrte de Nouvelle-Zélande,
独名  Südseenyrte,
Manuka,
Neuseelandmyrte, 
伊名 Leptospermum scoparium
西名 Manuka,Leptospermo
葡名 Urze-de-jardin
漢名 松紅梅
植物分類 フトモモ科レプトスペルマム属
園芸分類 常緑低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア/ニュージーランド/マレー半島
花言葉 蜜月
解説 ギョリュウバイは、フトモモ科の常緑低木である。枝は細く、大木になると枝垂れてくる。葉は線形で小さく、全縁で硬い。花は径1~3㎝で、花色は白、ピンク、紅色と多彩。3月頃~6月頃にかけて開花する。
履歴 我が国へは第二次大戦後渡来している。
県花・国花 ニュージーランドの国花
古典1
古典2 撮影地:木場都市緑化植物園
季語
備考