←トップ頁へ

和名 まんよう
漢字表記 万葉
別名・異名 撮影地:群馬県館林市
古名 ザ・トレジャーガーデン
語源 和名は品種名の音読みから。/属名はケルト語のrhodd(=赤)がギリシャ語に入ってrhodon(=バラ)となり、ラテン古語ではrosa(=バラ)となっている。つまり、本来的には「赤色」を語源としている。
学名 Rosa floribunda 'Manyo'
英名 Manyoh
仏名
独名
伊名 撮影地:足利フラワーパーク
西名
葡名
漢名
植物分類 バラ科バラ属
園芸分類 落葉低木
用途 路地植え/鉢植え
原産地 園芸作出品種:日本
花言葉
解説 <まんよう(万葉)>はバラ科の落葉樹である。所謂フロリブンダ系統の中の1品種である。茎は幾分横張性の枝を持ち樹高は1m前後程度となる。本種は四季咲き種で、波状弁平咲き種で、花径10㎝程度の花を付ける。花色は濃杏色~橙色で、花弁数は30個程度となる。フロリブンダ系統だけに、枝先にまとまって多数の花が開花し、色合いも併せ明るく、華やかな印象をもたらす。開花時の芳香は無い。
履歴 本種は1988年に京成バラ園芸(鈴木省三・平林浩)で作出されている。
交配親は Ambassador × Gold Bunny である。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考