←トップ頁へ
和名jp マンシュウイタヤ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:神戸市立森林植物園

漢字表記 満州板屋
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、満州に自生の見られるイタヤカエデの意から。
属名は、カエデ属の1種Acer campestreのラテン古名に由来している。acerの語には「裂ける」の意味があり、切れ込んだ葉形に基づいているという。
種小名は「切形の」の意。
学名sn Acer truncatum
英名en Shandong maple
Purplew maple
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 元宝楓
植物分類 ムクロジ科(←カエデ科)カエデ属
園芸分類 落葉小高木
用途use 用材(建築・器具)/西洋の国々では本種を観葉植物として栽培するという。
原産地
distribution
朝鮮半島/中国
花言葉
解説
description
マンシュウイタヤはカエデ科の落葉樹である。本種は、原産地の項に記した地の標高400~1000m級高地の森林地帯に自生する樹木である。樹高は5~10m程度となる。樹皮は灰褐色~濃褐色。葉は長さ8~12㎝、幅5~10㎝程度の掌形で、先端部は5~7浅裂する。各裂片の先端部は鋭頭となる。葉には長さ3~9㎝程度の葉柄が伴う。若葉には強い光沢がある。葉は枝に対生する。4~5月頃、枝先に葉腋から花序を伸ばし黄花の5弁花を多数つける。雌雄異花。花後には1㎝程度の果実をつける。果実には翼がつく。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考