←トップ頁へ

和名 マンポウ
漢字表記 万宝
別名・異名 ネモセネシオ・セルペンス/セネシオ・セルペンス/バンポウ
古名
語源 和名の語源については調査中。(恐らく漢名「萬寶」の音読みからと推測される。/属名は、ラテン語のnemo(=誰も~しない、英語で言えば、no one 或いは nobody)を意味する接頭語とラテン語のsenex(=老人)に由来(灰白色の毛または白色の冠毛をもつことから)の合成語から。/種小名は「蛇のような、這っている、匍匐性の」の意。
学名 Nemosenecio serpens(=Senecio serpens=Kleine repens)
英名 Blue chalksticks
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 藍粉筆、萬寶
植物分類

キク科サワギク属

園芸分類 常緑低木(多肉植物)
用途 鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉 とちぎ花センターにて
解説 マンポウは、キク科の多肉植物である。原産地(南アフリカ・ケープ州)では、乾燥地帯に小灌木状に群生しているという。樹高は15~20㎝程度に。茎は、学名の種小名にserpensとあるように、横に匍匐状に広がりを見せる。匍匐枝を出しながら広がることから株立ち状となる。葉は、長さ3~4㎝程度で肉厚の披針形で、枝に互生し、表面は白粉を吹いたような状体となる。この白粉は、手で触れると容易に取れてしまう。花は、葉腋から長い花柄を伸ばし、その先に、径1㎝程度で白色の筒状花のみの花をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 花姿をご覧になりたい方には、花夢ギャラリーをお勧めします。