←トップ頁へ

和名 マンネンロウ
撮影者:ポルトガル在住 
武本比登志/睦子様

 撮影地:ポルトガル・セトゥーバル半島
エスピシェル岬
漢字表記 迷迭香・万年朗
別名・異名 ローズマリー/マンルソウ/ロスマリヌス・オフィキナリス
古名
語源 和名は本種の葉が常緑であり、絶えず青々としていることから「万年朗」とされたが、その後、中国名での標記を我が国でも充てる様になったという。/属名はラテン語のros(=露)とmarinus(=海の)からで、「海の雫」の意とか。海岸近くに自生することから。また、別の説では、花姿から「海の雫」と命名されたとの説もある。/種小名は「薬用の、薬効のある」の意。
学名 Rosmarinus officinalis L.
英名 rosemary
仏名 romarin
独名 Rosmarin
伊名 rosmarino
西名 romero
葡名 rosmarinho
漢名 迷迭香
植物分類 シソ科マンネンロウ属
園芸分類 常緑小低木
用途 香草/香油/薬用
原産地 地中海沿岸
花言葉 あなたは私を蘇らせる
解説 マンネンロウは、シソ科の常緑樹である。樹高は1~12m程度となる。葉は長さ3㎝程度の線形で枝に対生する。葉、表面は濃緑色、裏面は綿毛が密生して銀白色に見える。葉は精油を含み、香料の原料にされる。全体に強い香りを放つ。秋頃から翌年の春頃に、枝先の葉腋に淡紫色の唇形花をつける。上唇は先端部が2裂し、下唇は3裂し、内側に紫色の斑模様が入る。
履歴 わが国へは文政年間(1820年)頃に渡来しているがあまり普及を見なかった。
県花・国花 千葉県:丸山町花
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
23 181 「時鳥の唄」