←トップ頁へ

検索名  マンゴスチンモドキ  
和名 サインノキ
↑撮影者:タイのIncola様/バンコクにて↓ 
漢字表記 サインの木
別名・異名 オートグラフ・ツリー、クルシア・ロゼア、マンゴスチンモドキ、クレット・クラホ(タイ語名)
古名 (蕾時の様子)→
語源 和名、英名の直訳から。因みに英名に見られるautographとは「署名する」の意であり、本種の葉に傷をつけると跡が残ることから、autograph tree(サインの木)と命名されている。/属名は、16世紀のフランスの植物学者、ドゥ・レクリューズ Charles de l'Ecluseへの献名である。/種小名は「バラ色の、淡紅色の」の意。
学名  Clusia rosea
英名 autograph tree,
Pitch Apple,
Balsam Fig
仏名 Arbre autograph
独名 Guttibaumgewächese
伊名 Clusia
西名 cupey
 撮影地:バンコク・ルンピニー公園
↑撮影者:東京都 中村利治様↓
葡名 Clúsia-anã,Clúsia-miniatura,
Clusia,Copey,Mamey-silvestre
漢名 書帶木
泰名  เกล็ดกระโห้ 
植物分類 オトギリソウ科クルシア属
園芸分類 常緑小高木
用途 庭園樹、街路樹、装飾品(果実)、舟のコーキング塗料(樹液)
原産地 中央アメリカ~南米北部~西印度諸島、バハマ諸島
花言葉 (実の様子→)
解説 オートグラフ・ツリーはオトギリソウ科の常緑樹である。種子が野鳥等により散布され他の樹木に着生すると、やがて気根を出し成長し最大10m以上にも達するという。葉は長さ10~20㎝程度、革質の倒卵形で枝に対生する。花は葉腋に短い花柄の先に白色の花を開く。当初白色であるが時間の経過と共に橙色へと変化する。花は夜開性である。果実は径5~8㎝程度の球体状で、やがて7~9裂して中に真っ赤な種子を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考