←トップ頁へ

検索名 マンゴー
和名 アンラ モントリオールの果物店で↑
漢字表記 菴羅
別名・異名 アンマラ(菴摩羅)/マンゴー/マムアン:タイ語名
古名 撮影:GKZ→
語源 和名は、漢名の音読みから。/別名のマンゴーの語源は南インドタミール語のmānkāyに由来する。Mānは樹名、kāy果実の意。/属名は、ギリシャ語のmagnus(=大きい、偉大な)とfera(=~を持った)の合成語から。/種小名は「インドの」の意。
学名 Mangifera indica
英名 mango
仏名 mangue
独名 Mango
伊名 mango
西名 mango
葡名 manga
漢名 檬果/芒果/菴羅
泰名 มะม่วง
植物分類 ウルシ科マンゴー属
園芸分類 常緑高木
用途 生食/加工食品/観賞用鉢植え
原産地 インドからマレーシア、ニューギニアまで
花言葉 甘いささやき
   写真(中)撮影:大阪府 藤井勝様/咲くやこの花館にて↑ 
解説 樹高10~30㍍。葉は互生し、長さ10~30㎝の広線型、表面は革質で、光沢がある。枝先の大きな円錐花序に小さな淡紅色の花をたくさんつける。果実は核果で、勾玉状、重さ0.1~1.5㎏。堅い殻は扁平で、表面に多くの繊維が付き、内部に大きな種子がある。果皮は黄色、赤紫色、紅色などがある。果肉は黄色で多汁。
履歴 わが国には明治の中頃に渡来している。/インドでは4,000年以上も前から栽培されており、仏典にも登場する。
県花・国花 撮影GKZ→
古典1 宇都宮市:ロマンチック村にて→
古典2
季語
備考 下3枚の写真撮影:東京都中村利治様/タイ・カンチャナ・ブリーにて↓
   

『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
2 280 「椰子」
9 42 「バンブー・オルガン」
11 304 「温室」
19 157 「天涯海角」